バード不動産 BIRD EATATE

PRODUCT

巣箱の出入りに重要な、
穴の大きさや形状へのこだわり

シジュウカラは、子育てが始まると1日に100回以上、巣箱への出入りを繰り返します。その際に重要なポイントとなるのが穴の大きさや形状です。穴の径は30mmに近づけば自分より大きい鳥、スズメなどの侵入危険性を高め、26mmに近づけば出入りが窮屈になります。営巣の際に、シジュウカラ自身が嘴で穴の大きさを微調整し、平均して27.5mmに仕上げていることに着目し、穴の大きさは27.5mmとしました。雛が大きくなってくると、親鳥は入り口から体半部だけを入れ給餌する姿が見られるようになります。穴位置を最適化し、穴形状を内側に向かって6mm程度広げたテーパー形状とすることで、後半期の給餌のしやすさを実現しています。また、側面はランディングの際に足をかけやすい形状とし、様々な角度からのアクセスを可能にしています。高確率で、まず側面の突出部分に足をかけることを実際に確認しています。

  • POINT01

    バード不動産の巣箱

    様々な角度からのランディングを可能にするための配慮が為されたサイドウォール。鳥の生活にも遊びの概念がある事を実感できる重要なポイントです。建築家がデザインする当物件は外観もさることながら鳥に必要とされる条件を網羅しています。

  • POINT02

    バード不動産の巣箱

    巣箱は底に向かって広くなるテーパー形状を採用。無駄を排除し、シンプルな営巣を可能にするデザイン。既存の真四角形状という概念を壊し、鳥に必要とされる機能を徹底追求しました。

  • POINT03

    バード不動産の巣箱

    浸水の影響をクリアする為の排水加工が施された底面。穴の直径も数年のリサーチによる賜物です。鳥に選ばれる物件は、コカコーラとは違いNo Reasonでは無いのです。

  • POINT04

    バード不動産の巣箱

    出入りや、後半期の給餌を効率化する為の穴形状は内側に向かって拡がるテーパー形状を採用。世界的にも類を見ない、シジュウカラの生活を長年観察し続けてきたバードエステートだからこそ実現できたアイデアが詰まっています。

  • POINT05

    バード不動産の巣箱

    上蓋の開閉方法にも独自の工夫が為されています。工具が要らず、リフォームを容易に行える設計です。無駄の無いデザインが、より良い暮らしを実現します。

価格 12,000円(税込13,200円)

購入希望の方は下記メールアドレス宛てにご連絡ください。

info@birdestate.tokyo
View